げげぼ~

メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

11月の麻雀

気持ち悪い麻雀オタクなので、今月も1円単位で収支を付けた。
25円のzooの消費税カードの枚数はキッチリ数えているのに、460円の今月吸ったピースライトの箱数は数えていない、これも矛盾だ。
近況としては、卒業論文とかいう、俺が卒業できることと国会図書館と紙屋がごく僅かに儲かる以外世界に対して一ミリも影響が無い、ただただ中野北口ルノアールの12月の電気代が240円ぐらい上がり俺のパソコンのEnterキーが0.0001ミリぐらいすり減るだけの、無益極まりない日本の教育制度が生み出した闇そのものの活動をやっており、本当に全然興味が無くてつらい。麻雀も大概無益な活動だと思ってたけど、卒業論文執筆に比べたら999999999999999999999999倍ぐらい有意義で楽しい活動だ。まじで大学燃えてほしい。

ということで、今月の麻雀。


◆フリー

・0.5南
 亀北沢 -1300
 遊図 -2350
 zoo +1575

・1.0南 
 華 +7800
 さん +35700

・1.0東
 四季-23000

◆セット
・なかよしセット
 0.5東 -11400
 1.0東 +33500

・会社とか
 1.0南、2.0南 +19000

合計 +59525
スポンサーサイト
麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

麻雀は文学

麻雀の文学性について考えたい。

残念ながら、麻雀に文学性の介入する余地は殆んど無い。
しかし、少ないながら、言葉を発する局面はいくつかあり、そこに、エモーショナルな含みを持たせることはできる。
より文学的な麻雀の嗜み方について考えたい。

まず、麻雀で声を発する局面は、「ポン」「チー」「ロン」などの、発声だ。
発声にも、様々な種類がある。
たとえば「ポン」は「ポイ」と発声することができる。
「ポイ」は「ポン」と比べて、多くのコンテクストを匂わせる。
「ポイ」は古いおじいちゃんしかやらない発声だからだ。
このいま「リューハポイ」と言った彼は、古いおじいちゃんから麻雀を習ったのかもしれない。
いや、彼は見た目は若いがもしかしたらおじいちゃんなのかもしれない。
聞いた者に、様々な思いを喚起することになることが、わかると思う。
何の疑問も持たずに言っていた「ポン」という発声が途端に「異化」され、麻雀というゲームの歴史に思いを馳せることとなるだろう。

また、「ロン」という発声も、様々な言い方がある。
「それ」「高め」「デバサイ」などだ。
麻雀のゲームの進行に合わせて使い分けると、非常に高い文学性を発揮することとなる。
オーラス8000点持ちラス目だったとしよう。他家は、24000点-24500点-43500点。このときトップ目から、18000点を出上がった。
ここで、静かに、しかしはっきりとした声で「デバサイ」と発声する。
これは、力強い、エモーショナルなフレーズとして響くことだろう。

また、点数申告にも、様々な言い方がある。
「ツモです。20004000は、25004500の、1枚です」
「(ツモ発声しないで)マンゴ」
どちらが、文学的に優れているのか。
「(ツモ発声しないで)マンゴ」について考察しよう。
「ツモ」発声をしないというのは、「あれ、上がったの?」という思いを掻き立てる。ツモ上がったという状況を「異化」し、際立たせることとなるであろう。
「あ、意外と高い」という思いも、より際立つこととなると思われる。
さらに、「マンゴ」のように短くて含蓄に富んでいるフレーズは、名文性が高い。
「(ツモ発声しないで)マンゴ」は極めて文学性が高い発声であることがわかる。
コンテクストにもよるので判断は難しいが(たとえば、「トッパンフォー!」とか申告した次局に「ツモです。20004000は、25004500の、1枚です」と発声すれば、強い「異化」効果があるかもしれない)、ここでは「マンゴ」の方が文学的に優れている発声ということしたい。

文章は、コンテクストによってまるで別の意味を持つ。
点棒状況に合わせた打ち方をすることはもちろんであるが、コンテクストに合わせた最も文学性を発揮する発声を行うことは、より深く麻雀を嗜むうえで大切なことだと思う。

というわけで、今月の麻雀

■0.5
・zoo +32,200(対人+50,100 場代-17,900)
・クエスチョン +7,750(対人+9,850 場代-2,100)

■1.0
・さん +16,300(対人+39,000 場代-22,700)
・高円寺スリーレッド +24,700(対人+26,100 場代-3,800 懸賞+2,400)
・目黒華 -26,600(対人-24,100 場代-2,500)

・四季-20,000(対人-17,500 場代-2,500)

■セット
・軍団セット(0.5東)+45,000(対人+45,400 場代-1,400)

計+79,350

最近は「ポイポイポイ」と発声しています。
麻雀 | コメント:2 | トラックバック:0 |

一年ふりかえり

アプリ麻雀収支帳でフリー雀荘の成績つけて始めて1年経った。去年の9月から付けてた。

雀荘通ってみようとか思い立ったきっかけは、某りき氏のブログ読んだこと。
新規ゲーム券を使い切ったら次の店に行く、というデジタルの極みのような方式が紹介されてて、これなら勝てそう!とか思った。(今は当該記事は削除されてるもよう。めちゃ残念)

きりがいいので、1年を振り返ってみる。

9月
最初は、オススメのクソヌル雀荘こと、駒込の某RM21、巣鴨の某ニコニコくん、池袋の某龍門など行ってみた。
この最初の戦いは、110kぐらいぶっ刺さって敗北した。最強の麻雀技能集団たる天鳳で八段まで昇りつめたと思っていたのに、駒込のジジイに狩られてしまった。
その日暮らしの貧弱なバンクロールが崩壊し家賃を払えなくなったおれは、ディスクユニオンに行ってCDを売り、近所の古本屋に行って漫画を売り、新宿アメニティドリームに行ってマジック・ザ・ギャザリングのカードを売ってしまった。宗教上の理由でできなかったバイトも泣く泣く始めることにした。

10月
家庭教師という、座っているだけで時速2000円の速さで金が増えていくバイトを始めた。こうして、一切汗水を垂らすことなく手に入れた20kぐらいを握りしめ、家庭教師先のお宅の近所の場末に突撃した。20kが38kぐらいになった。なお、生徒は、滑り止めも含めて全部落ちたもよう。未だに一切連絡が無いというのは、そういうことだろう。

11月
某パーク・メカバビイという雀荘で、「ご新規様11月の総打数×1000円キャッシュバック!」という凄まじく頭の悪いキャンペーンが実施される。
この月、パークで150kぐらい勝ち、こっそり某さんでも100kぐらい勝った。(この辺から金銭感覚が崩壊し、食費がやべえことになっていく。)

12月以降から今まで(書くの面倒くさくなってきた)
バイト代とか仕送りが振り込まれたら、取り敢えず全部下ろして財布に突っ込む。財布に10万あったらピン東、5万あったらピン南、1万しかなかったらテンゴ、みたいなパッパラパーな生活を送る。
ピン東は現状100kぐらいささって敗北中。誰か勝ち方教えてくれ~。

だいたい以上。で、このパッパラパーモラトリアム2013/09~2014/09の成績は、フリーのみ、335+298+234+219(平準2.31)=318,200円(対人+740,000 場代-581,400 懸賞+159,600)なお、このうち800回ぐらいはかなこと同卓。かなこはガッツあるよ。

セットはちゃんとつけてないけどマイナス30kぐらい。石橋軍団セットと、学校の友達セット。
飲みに行くのの100000倍ぐらいコスパ良い気がしますね。飲みに行くのも好きなんだけど。

麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1000回うった

フリー雀荘の着順つけだしてちょうど1000回打ったのでまとめる。フリーだけ。
気持ちが悪いExcel作って集計するようにしたので、全く必要のない細かいカテゴリー別に数値出せる。

303+282+220+195(平均順位2.307)

収支+326625
対人+783900
場代-610125
懸賞+152850

【レート別】
1.0南543回 +367,800=169+168+112+94(平均順位2.241)
1.0東211回 -115,500=46+62+53+50(2.507)
0.5南172回 +53,575=66+33+41+32(2.227)
0.5東38回 +31,300=12+12+7+7(2.237)

【場所別】
中野642回 +293,475=207+181+145+109(2.243)
新宿115回 +100,700=33+39+17+26(2.313)
渋谷52回+27,450=16+12+12+12(2.385)
駒込48回 -47,700=12+11+9+16(2.604)
高田馬場20回 +13,500=3+8+7+2(2.4)
池袋17回 -27,200=4+7+5+5(2.524)
新橋16回 +19,200=5+7+3+1(2)
五反田14回 -37,200=3+2+4+5(2.786)
巣鴨13回 -18,600=3+1+5+4
上野7回 +700=2+1+3+1(2.429)
三鷹5回 -300=1+2+1+1(2.4)
中央橋5回 +6,350=2+1+2+0(2)
吉祥寺5回 +6,200=2+2+0+1(2)
大塚1回 +600=0+1+0+0(2)
場所不詳36回 -10,550=10+7+7+12(2.583)
麻雀 | コメント:1 | トラックバック:0 |

スフィンクスは旅人に問うた

 含蓄に富んだ小話を思いついたので、書きます。

 スフィンクスは旅人に問うた。「一つの声を持ちながら、ブクブク肥えており、歯が黒く、実生活を省みず、爪に汚らしく垢がたまった、金銭に汚い生き物は何か?」と。旅人は答えた。「それは、麻雀打ちである。何となれば、麻雀打ちはずっと座ってしかいないくせに金銭感覚がおかしいので美味しいものばかり食べてブクブクと肥え、常に灰皿が横にあり煙草をメンバーに買いに行かせてはブカブカと吸うため歯はヤニで真っ黒で、学業や家庭を放り出して長々と雀荘に入り浸り、不特定多数の人間と同じ牌を握り続けているので爪には汚らしく他人の垢と自分の垢がたまっており、そして意地汚く他人の金をexploitする事だけに執念を燃やしているからである。」高らかにこう述べると、旅人はそのまま崖から身を投じて死んだ。
 怪物がいるという噂の山を旅しなければならない程ただでさえpeople to be exploitedであった旅人は、数少ない趣味の麻雀ですらexploitされる人生を送っていた。スフィンクスに食い殺されるまでも無く、旅人は、自ら命を断ってしまったのだ。スフィンクスは、喫煙とその他不摂生で毒素を多く含むと思われる旅人の汚らしい肉を食べたいと思っていなかったし、そもそも問いかけに正解を答えていて一ミリも殺すつもりはなかったので、旅人がとつぜん崖から飛び降りたのを見て、ただただポカンとしていた。完

 ということで、7月の麻雀。
【フリー】
■0.5南
zoo+12800
ぱたーん-3600
ラブラブボンバー-2050
ウェルカム-400
計+6750

■0.5東
クエスチョン+20500
19番地+14900
計+35400

■1.0南
ネクスト(五反田)-8700
虹の牌(中野)-3400
さん+14100
ダッシュ(吉祥寺)+6600
エリート(新橋)+4300
計+12900


■1.0東
悠遊+5500
フォーシーズン+5000
コロコロ-1000
龍門-13600
計-4100

【セット】
■0.5東
-12000

合計+38950

 お金ちょっと増えたよ。やったねたえちゃん

 近況を述べると、学業を放り出して麻雀屋に入り浸り、メンバーに煙草を買いにいかせてはぶかぶかと吸い続けた結果、歯が黒くなってきて、本当に良くないな、と思いました。歯が黒い人というのは、かつては非常に育ちの良い上流階級だったわけだけど、最近は底辺ファッキン喫煙者の歯が黒いわけだ。
 あと、ちょっと肥えてきました。最近は美味しいものばっかり食べててハッピーなんだけど、座るか寝るかしかしてないので肥えるわけですね。座ってるときも、だいたいネットサーフィンか麻雀か飲酒しているので。

麻雀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。